固有振動数測定による金属ワーク検査装置

カテゴリー

  • システムリノベーション

概要

金属部品の良否判定を固有振動数測定により行う装置です。
お客様で使われていた既存の装置では、測定部分はメーカー様によるパッケージソフトウェア、機械制御はPLCで行われていましたが、メーカー様の撤退に際しご相談があり、測定/判定/機械制御を一体化したアプリケーションを搭載した装置をご提案し、採用いただきました。
リピート製作時のコスト面を考慮し、市販のFFTアナライザを使用するのではなく自社製FFT解析ライブラリ製作しています。

使用している技術

既存装置調査・解析/電気設計/機構設計/検査・制御アプリケーション など