仕事内容

ハードウェア系エンジニア職

回路設計
身近な機器の多くに電子部品から構成される電子回路が使われています。
回路設計はこれらの電子部品の配置や構成などの回路を設計する仕事になります。
オームの法則といった基本的な法則を理解しながら、電子回路、電磁気、CADなどの基礎を身に付けていきます。
機械設計
お客様のニーズを考えながら、これから作成する装置の仕組みや構造を考えます。
機能や性能を満たすように、材料やサイズなどを考えていきます。力学的な知識や構造・仕組みのアイディアなどが求められますが、自らの考えが最も目に見える形になる仕事といえます。
部品調達
設計に基づき、必要な部品を調達します。
部品ごとに仕様、納期、金額を確認しながら、仕入先を選定して部品を手配していきます。
部品によっては海外から仕入れたりするため、納期がかかったりすることもあり、丁寧に確認していくことが重要です。
配線組立
部品を組み立てていきます。
電子回路基板であれば電子部品を基板に実装していきます。自らハンダ付けすることもあります。
機械装置であれば各部品を組み上げ、配線作業を行います。
大きなものであれば背丈以上の装置を組み立てることもあります。
検査
組み立てた電子基板や装置が設計通り動作しているか試験します。
お客様の要望した機能や性能が満たされているかチェックします。
検査は自社内で行いますが、お客様先でも行う場合もあります。

ソフトウェア系エンジニア職

設計
どのようなデータを扱うのか、どのような機能が必要なのか、お客様の要望をしっかり理解、分析しながら設計します。
設計にはシステム全体の仕組みを考えるシステム設計や、プログラムの処理や構造を考えるプログラム設計などがあります。
また組込みプログラムなどの制御系ソフトウェアの場合は制御対象の機械・装置についても理解が必要です。
プログラミング
設計に基づきプログラミングを行います。
プログラムは複数の言語を使う場合やパソコンや特殊な装置など、作成したいプログラムの種類によって異なる技術を追加います。経験を積むことで様々な言語やコンピュータの知識を身に付けることができます。
試験
作成したプログラムが設計通り動作するか、試験を行います。
試験は事前に試験仕様書と呼ばれる試験内容を記述した資料を作成します。
試験内容に基づいた試験を実施し、問題があった場合は原因を調査しプログラムを修正します。